トロフィーの価値にサイズは関係ない

トロフィーには決まった形式がなく、大小様々なサイズがあったり、個性的なデザインが施されています。種類豊富なトロフィーを選ぶ際、どれほどのサイズにすべきか迷ってしまいますよね。しかし、トロフィーの価値はサイズで決まる訳ではないため、それほど悩む必要はありません。
一般的に使用されている中で一番小さいサイズは約15cmほど。大きい物では1mを越えます。多くの受賞者に渡すのであれば小さめのトロフィーが向きますし、何年も受け継がれていくようなものであると、大き目のトロフィーが用いられる傾向が強くあります。しかし、サイズが大きいから値段が高く、小さいから安いということではありません。材料にこだわった物であればあるほど値段は高くなるので、サイズは価値に比例していないのです。このことから、トロフィーの価値に関してはサイズを重要視する必要はないと言えます。


コンセプトや参加者を配慮して選ぼう

トロフィーのサイズは10cm単位で異なるため、どれにするのが最も適しているのか見当もつかないでしょう。決めるポイントとしては、「どういった大会で誰に渡すのか」です。優勝者のみに渡すような場合であれば、用意するトロフィーは一個で足りますし、目立つ大きめのサイズがぴったりでしょう。両手で抱きかかえるように持たなければならない80cm以上の物にすると、とても見栄えが良くなります。
逆に優勝者だけでなく、準優勝や特別賞でもトロフィーを授与するという場合は、少し配慮が必要になります。トロフィーが複数必要になるため管理が大変ですし、全て似たような大きさでは優勝者が際立って見えないため、見栄えも良くありません。この場合は、優勝者のみを大き目のサイズにし、その他のトロフィーは小さめの物にするのがベストでしょう。
このように、トロフィーのサイズは授与する際の状況や参加者に合わせて選ぶことが大切です。